■林業労働災害(死亡災害)速報
No.21-012

災害発生日時等平成21年2月23日 
災害発生場所京都府 
被災者年齢等38歳(男) 
災害発生状況被災者は同僚5人とともに、約37度の斜面で竹林の伐採作業に従事していた。作業中、チェーンソーの音がしないため不審に思った同僚が探したところ、コナラの根株(差し渡し約2.4m)の下敷きになり倒伏木に圧せられた状態の被災者を発見した。目撃者がなく推定になるが、約3m上方にあった根むくれした倒伏木の根元と二又の幹(径40cmと30cm)を切り離した後、引き続き下方で作業を行っていたところ、根系の支持力を失っていた根株が何らかの原因で転落し被災者を直撃したものと推定される。 
作業場所の林種別 
作業種別その他(風倒木処理) 
使用機械 
作業対象 
その他特記すべき事項 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→