■林業労働災害(死亡災害)速報
No.22-003

災害発生日時等平成22年1月11日 
災害発生場所兵庫県 
被災者年齢等60歳(男性) 
災害発生状況被災者は同僚と2人で、約35〜40度の斜面にあるヒノキ、スギ人工林(林齢約50年)の間伐作業を行っていた。作業中、被災者の姿が見えないため同僚が捜したところ、斜面上方に倒れた伐倒木(径20cm、長さ16m)の下敷きになり、他の立木の根元に圧せられた状態で発見された。目撃者がなく推測になるが、伐倒木がかかり木となり、これを外そうと元玉切りを行ったところ、高さ1.2mの鋸断箇所を支点に、伐倒木が予定と違った方向に倒れ、逃げ遅れた被災者が下敷きになったものと思われる。 
作業場所の林種別 
作業種別伐倒(間伐) 
使用機械 
作業対象 
その他特記すべき事項 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→