■林業労働災害(死亡災害)速報
No.22-008

災害発生日時等平成22年3月29日 
災害発生場所石川県 
被災者年齢等64歳(女性) 
災害発生状況被災者は同僚3人とともに、平坦な尾根付近でスギ人工林(42年生)の間伐作業(切り捨て)に従事していた。被災者は枝払い・集積作業を、同僚の3人は伐倒作業を行っていた。伐倒作業で生じたかかり木を他の作業員が応援して、かかられ木の伐倒で外そうとしたが外れず、かかられ木の伐倒を再度繰り返して計3本のかかり木が斜めに重なり合う状態となった。このため作業員の1人が他の作業員の指導の下に2本目のかかり木の元玉切りを行い、3本のかかり木を同時に処理した。この後、離れた箇所で作業していた被災者の姿が見当たらないため捜したところ、処理した3本目のかかり木(伐根径22cm、樹高16m)の稍端部付近に倒れているのを発見した。危険区域内で作業していた被災者が3本目のかかり木が倒れる際に直撃されて撥ねられ、集積した玉切り材に頭部を強打したものと推定される。 
作業場所の林種別 
作業種別伐倒(間伐) 
使用機械 
作業対象 
その他特記すべき事項 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→