■林業労働災害(死亡災害)速報
No.22-009

災害発生日時等平成22年2月28日 
災害発生場所徳島県 
被災者年齢等52歳(男性) 
災害発生状況被災者は同僚2人とともにスギ人工林(60年生)の間伐木の集材作業に従事し、当日は集材木から300m離れた地点で荷掛け作業を行っていた。互いの連絡は無線機を用いていた。集材木の運転手が被災者からの合図に従い、巻き上げの操作を行った後、終了の合図がなく無線及び携帯電話の呼びかけにも応答がないため、異変を感じ玉掛け現場に行くと、被災者は伐倒木の上に座り込んでいた。目立った外傷は見えなかったが5分後に容体が急変したため病院に搬送したが10時間後に死亡が確認された。目撃者がいないが集材木の巻き上げ中、作業索にかかっていた伐倒木等がはねて飛来して上半身を直撃され、この反動で斜面を転落中にヘルメットが脱げ頭部を強打したものと推定される。 
作業場所の林種別 
作業種別架線集材 
使用機械 
作業対象 
その他特記すべき事項 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→