■林業労働災害(死亡災害)速報
No.22-025

災害発生日時等平成22年7月21日 
災害発生場所福岡県 
被災者年齢等67歳(男性) 
災害発生状況被災者は、同僚らと6人でヒノキ林(40年生)の間伐作業に従事していた。作業中、伐倒木がかかり木(直径約30cm、樹高約20m)となり、これを処理するため隣接木(直径約30cm、樹高約20m)を伐倒しかかり木に当てて外す浴びせ倒しを行ったが、これでも外れず2重のかかり木となった。このため被災者は、かかられた木を伐倒して処理しようとして、受け口を切り追い口を切り始めたところ、かかり木が動き始めていることに気づいたが、なおも上を見ながら追い口切りを続け、退避しようと数メートル離れたところ、退避した方向に2本のかかり木が倒れかかり、直撃された。 
作業場所の林種別 
作業種別伐倒(間伐) 
使用機械 
作業対象 
その他特記すべき事項 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→