■林業労働災害(死亡災害)速報
No.22-048

災害発生日時等平成22年10月16日 
災害発生場所長野県 
被災者年齢等55歳(男性) 
災害発生状況被災者は、カラマツ人工林の間伐作業現場で、トラクタによる集材の荷掛け作業を行っていた。伐倒したカラマツ(直径15p、長さ15m)4本を束ねてウインチで引き出していたところ、つるやかん木が巻き込まれ大きな塊になったため、ウインチを止め、被災者が塊の後半分をチェーンソーで除去し、再度、合図を送って引き始めたところ、残った前半分の塊がカラマツの枯損木(直径15p、樹高約8m)の根元に接触し、その圧力で枯損木が根元から倒れ、退避していた被災者の後頭部が直撃された。 
作業場所の林種別 
作業種別車両集材 
使用機械 
作業対象 
その他特記すべき事項 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→