■林業労働災害(死亡災害)速報
No.22-050

災害発生日時等平成22年10月21日 
災害発生場所兵庫県 
被災者年齢等83歳(男性) 
災害発生状況被災者は同僚と2人で、山裾の農道の脇(上側)に生立するケヤキ(直径110p、樹高25m)を伐倒する作業を行っていた。山側に倒すため高さ5.1mの位置にワイヤロープをかけ、同僚が伐採点を切り込む作業を、被災者がチルホールを用いけん引を行っていた。所定の切り込みを入れワイヤロープを強く引いても対象木が傾かないため、被災者が同僚に近づき、もっと切り進めるよう進言した。同僚がこれに従い切り進めたところ、つるが全て切り離され、強く引っ張られていた幹の元口が山側に2m動き、これととともに対象木の重心が変化し農道側に倒れ始めた。被災者は、倒れかかる幹を避けようと根株を回り込んで退避したが、遅れて下敷きになった。 
作業場所の林種別 
作業種別伐倒(択伐) 
使用機械 
作業対象 
その他特記すべき事項 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→