■林業労働災害(死亡災害)速報
No.22-056

災害発生日時等平成22年8月7日 
災害発生場所島根県 
被災者年齢等67歳(男性) 
災害発生状況被災者は同僚3人とともに刈払機を用い、早朝から新植地の下刈り作業を行っていた。8時半頃、被災者が蜂に刺されたため、その旨同僚に報告し30分ほど休憩した後、大丈夫と判断し持ち場に戻り作業を再開していた。しばらくして被災者の刈払機の音がしないため同僚が捜したところ、倒れているのを発見した。直ちに救急車を要請したが、救急隊が到着したときには心肺停止の状態であった。検視の結果、体に複数の蜂刺され跡があり、蜂刺されによるショック死(アナフィラキシーショック死)と判定された。 
作業場所の林種別 
作業種別造林 
使用機械 
作業対象 
その他特記すべき事項 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→