■林業労働災害(死亡災害)速報
No.23-029

災害発生日時等平成23年1月31日 
災害発生場所新潟県 
被災者年齢等62歳(男性) 
災害発生状況当日被災者は、同僚と分収育林の伐採作業に従事していた。午後1時30分頃、数日前に発生したかかり木処理のため、同僚はグラップルを搬送の上かかり木の右側に停車させた。同僚は、グラップルでかかり木処理を行う前に、グラップルの運転席からグラップル周囲及びグラップル処理によりかかり木が倒れる方向を見回したが、被災者は見えなかった。同僚は、当該かかり木(樹高28.5m、胸高直径32cm)をグラップルトングでつかみ、元口から約6mの箇所を持ち上げようとしたが、元口が持ち上がらなかったので、再度グラップルトングを開いてかかり木の下側から元口を持ち上げたところ、かかり木が倒れ始め、かかり木が倒れる方向に被災者がいるのを発見し「オー」と叫んだ。被災者は、グラップルの方を振り向いたようであったが、かかり木がそのまま倒れ、被災者を直撃した。 
作業場所の林種別 
作業種別伐倒 
使用機械 
作業対象 
その他特記すべき事項 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→