■林業労働災害(死亡災害)速報
No.23-035

災害発生日時等平成23年12月19日 
災害発生場所鹿児島県 
被災者年齢等44歳(男性) 
災害発生状況当日被災者は、傾斜角約35度の急斜面にある現場で間伐・搬出作業のため、同僚と現場に入り3人一組で作業を開始。被災者と同僚Aは距離をとってチェーンソーでヒノキの伐採作業を行い、同僚Bは重機を用いて集材路の開設作業を行っていた。同僚Aが被災者のチェーンソーの音がしなくなったことから、確認のため近づいたところ、被災者が伐倒木の下敷きになって、うつ伏せにたおれているのを発見した。なお、伐倒木は地際から1.1mの高さの所から伐採されており、受け口切りが不十分で、チェーンソーのガイドバーが挟まれ引き抜こうとしたときに伐倒木に激突され下敷きになったものと推測される。 
作業場所の林種別 
作業種別伐倒(間伐) 
使用機械 
作業対象 
その他特記すべき事項 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→