■林業労働災害(死亡災害)速報
No.24-026

災害発生日時等平成24年9月18日 
災害発生場所熊本県 
被災者年齢等52歳(男性) 
災害発生状況被災者は、同僚4〜5人でシイノキの伐採作業していたところ、自ら伐採していた高さ10m、最大直径約30cmの木が予期せぬ方向に倒れ、被災者の頭部に当たった。なお、被災者は、ヘルメットを着用していたが、衝撃でひび割れていた。<以下推測>受け口が小さく、追い口が高くなっており、適切な受け口、追い口を設けていなかったことと、伐採の対象が広葉樹だったため、重心を見誤ったと推測される。 
作業場所の林種別 
作業種別伐倒(皆伐) 
使用機械 
作業対象 
その他特記すべき事項 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→