■林業労働災害(死亡災害)速報
No.24-027

災害発生日時等平成24年9月25日 
災害発生場所愛媛県 
被災者年齢等61歳(男性) 
災害発生状況被災者は同僚と2人で架線集材箇所の伐倒に従事。3人が路網作設作業、3人が路網の伐倒集造材作業と3箇所に分かれて作業を行っていた。 11時40分頃、午前中の作業を終えた同僚が昼食場所へ移動中、歩道に被災者のリュックサックがあったので不審に思い声を掛けたところ、約20m下方から声が聞こえたため、近づくと伐倒木の下で倒れている被災者を発見した。 現地の状況から推測すると伐倒した木がかかり木となったが、そのままにして下方にあった立木を伐倒しょうとしていた(受け口を切り、追い口を切っていた)ところ、何らかの原因により、かかっていた木が落下し被災者に当たり、受災したものと思われる。救出後被災者の容態が急変し、心肺停止の状態となっていた。 
作業場所の林種別 
作業種別伐倒 
使用機械 
作業対象 
その他特記すべき事項 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→