■林業労働災害(死亡災害)速報
No.25-028

災害発生日時等平成25年10月19日 
災害発生場所京都府 
被災者年齢等59歳(男性) 
災害発生状況造林地の面積確定のためのコンパス測量を作業者4人で実施。そのうち、被災者(班長)と同僚(刈払機作業者)の2人が境界線の表示と支障となるかん木の刈払いを行っていた。 13時過ぎに、測量線上に、クヌギの枯損木がかかり木状態となっていたため、刈払機により切断したところ、刈払機作業者の方向へ倒れてきたため、これを避けようと後ずさりして、刈払機の操作竿により倒れる方向を規制しつつ誘導したところ、被災者が後ろ向きに立っており、刈刃が被災者の左膝裏に接触した。直ちに、ドクターヘリで病院へ搬送したが死亡した。 
作業場所の林種別 
作業種別その他(測量) 
使用機械 
作業対象 
その他特記すべき事項 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→