■林業労働災害(死亡災害)速報
No.25-037

災害発生日時等平成25年11月14日 
災害発生場所三重県 
被災者年齢等44歳(男性) 
災害発生状況被災者は、樹齢約100年の人工林において、同僚3人と機械集材装置による集材作業(2段集材)に従事。 被災者は、1人で荷掛けに作業に従事していたが、伐倒木が、(以下推測)山側に伐倒したものと横方向に倒したものと直交する形でかさなっていたため、横方向に伐倒されていた2本の伐倒木を先に集材しようとして、伐倒木の間に位置して、傾斜約37°の斜面上部にあった伐倒木(ヒノキ、元口直径:約50cm、材長:20m)の枝を払ったところ、突然、当該木が滑落し、下方にあった伐倒木(ヒノキ)との間に胸部を挟まれて被災した。 
作業場所の林種別 
作業種別架線集材 
使用機械 
作業対象 
その他特記すべき事項 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→