■林業労働災害(死亡災害)速報
No.30-027

災害発生日時等平成30年11月8日15時頃 
災害発生場所秋田県 
被災者年齢等41歳(男性) 
災害発生状況被災者は一人でチェーンソーで作業道の先行伐倒作業に従事していた。現場の状況からスギ(胸高直径38cm、樹高20m)を伐倒したところ、伐倒方向が約30度ずれたことから、約9.7m離れたスギにかかり木になった。かかり木を外そうと斜め下方2.5m離れたスギ(樹高19m、胸高直径30cm)をくさび2本を使用して浴びせ倒しをしたところ、浴びせ倒しをしたスギがかかり木に乗り上げ、根元部分が跳ね上がるとともに、下方へ引き戻され、退避している被災者の頭部に激突したものと推察される。 
作業場所の林種別 
作業種別伐倒作業 
使用機械 
作業対象 
その他特記すべき事項 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→