■木材・木製品製造業労働災害(死亡災害)速報
No.18-006

災害発生日時等8月9日
災害発生場所秋田県
被災者年齢等29歳(男) 
災害発生状況被災者ほか3人の作業員が、工場東側の屋外の庇のある場所で角材の切断・梱包作業に従事していた。被災者は角材の切れ端をパレットに積み込む作業をしていたが、所定の場所を離れて床に座り込んでしまった。同僚が休憩室に運び横にして休ませていたが、口から泡を吹いたため救急車で病院へ搬送したものの、熱中症による多臓器不全により死亡が確認された。  
被災機械等その他 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→