■木材・木製品製造業労働災害(死亡災害)速報
No.20-009

災害発生日時等8月26日
災害発生場所栃木県
被災者年齢等21歳(男) 
災害発生状況被災者は、木造住宅用柱材の仕口加工に従事していたが、おが屑が詰まってきたため、エアブローにより取り除こうと機械側に身を乗り出すような形で作業をしていたところ、機械の仕口加工ユニットとコンベヤーの支柱の間に挟まれた。被災者が挟まれたスペースには、通常厚さ2mmの鉄板が設置されていたが、当日は不具合が発生したため、一時的に取り外したままで作業していた。 
被災機械等柱加工機 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→