■木材・木製品製造業労働災害(死亡災害)速報
No.21-001

災害発生日時等2月7日
災害発生場所高知県
被災者年齢等38歳(男) 
災害発生状況被災者は、小径木処理工場内において、1人でリングバーカーを操作して、スギ原木の皮剥作業に従事していた。皮を剥かれた原木は、センサーにより長級ごとに仕分けされるようになっていたが、このうちの1本の原木(末口8cm、長さ4m)がセンサーの誤動作か3mのはい積位置に落ちた。このため、被災者が4mのはい積位置に移動しようと、原木を後ろ向きに手に持って移動しようとしたとき、台木のH鋼につまずき、後ろ向きに転倒して、頭部を強打したものと思われる。なお、事故当時被災者は、保護帽を着用していなかった。 
被災機械等リングバーカー 
▲ページのトップへ
       次のページへ→