■木材・木製品製造業労働災害(死亡災害)速報
No.22-001

災害発生日時等1月9日
災害発生場所静岡県
被災者年齢等41歳(男) 
災害発生状況被災者は、同僚(アルバイト)と2人で、再割加工作業に従事していた。同僚は2面ギャングリッパーにより再割加工作業を、被災者は同僚に作業の指導を行いながら、ローラーで搬送されてくる再割加工材を自動前取り機上で検品するとともに、その積載の作業を行っていた。たまたま、事業者が作業状況の確認に来たところ、前取り機の操作盤と支柱の間の床から約35pの高さにあった開口部(高さ:約80p、幅:約33p)に上半身を入れた状態で、再割加工材の積載を終えて戻ってきたアームと支柱の間に挟まれている被災者を発見した。被災者は、機械を稼働させている状態のままで、何らかの理由により上半身を開口部に入れたところ、再割加工材の積載を終えて戻ってきたアームと支柱の間に挟まれたものと思われる。 
被災機械等その他(前取り機) 
▲ページのトップへ
       次のページへ→