■木材・木製品製造業労働災害(死亡災害)速報
No.22-003

災害発生日時等9月29日
災害発生場所静岡県
被災者年齢等57歳(男) 
災害発生状況被災者は、製材品の節に埋め木するため使用するヒノキの枝の加工と材の補修作業に従事していた。当日は、工場入口の上部棚(高さ4.7m)に保管してあるヒノキの枝の束(長さ約90cmで20本程度を1束としてあるもの)を下すため、同僚が運転するフォークリフトのフォークに板の束(長さ4m、高さ50cm)を載せ、これを足場としてフォークを高さ3mまで上げた状態でこの束を積み込む作業を行い終了した。このため、同僚がフォークリフトのハンドルを左側に切りながら後進したところ、突然被災者がバランスを崩して床面に墜落し、頭部を強打した。なお、被災者は、高所作業を行うのに際し、保護帽を着用していなかった。 
被災機械等フォークリフト 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→