■木材・木製品製造業労働災害(死亡災害)速報
No.23-007

災害発生日時等9月26日
災害発生場所大分県
被災者年齢等22歳(男) 
災害発生状況主として被災者は、木材を乾燥させる乾燥機の熱源となる木屑炊きボイラーの操作業務に従事していたが、被災時、木屑炊きボイラーは稼働しておらず、乾燥機のメンテナンス作業を実施していた。同僚Aが、木材を乾燥するため、乾燥機の台車に木材(スギの間柱材で、桟積みして束ねられていたものが、24ロット、幅2.2m、高さ2.2m、奥行き13mの大きさ)を載せて、フォークリフトで台車を乾燥機に押し込んだところ、被災者が台車上の木材と乾燥機の壁とに身体を挟まれた。 
被災機械等フォークリフト 
▲ページのトップへ
←前のページへ   次のページへ→