トピックス

2013.11.29
【行政のうごき】車両系木材伐出機械の労働災害防止のための措置を義務付ける省令が公布される
2013.11.28
【行政のうごき】車両系木材伐出機械の労働災害防止のための措置を義務付ける省令案が労働政策審議会に諮問、答申される
2013.11.07
【行政のうごき】すべての都道府県で地域別最低賃金が改定されました

【行政のうごき】
車両系木材伐出機械の労働災害防止のための措置を義務付ける省令が公布される

 厚生労働省では、11月29日、「労働安全衛生規則の一部を改正する省令」を公布しました。
 今回の労働安全衛生規則の一部改正は、林業で近年導入が進んできている車両系木材伐出機械(伐木等機械、走行集材機械、架線集材機械)による死亡災害を含む労働災害が発生してきていることから、車両系木材伐出機械を使用する作業における労働災害を防止するためのもので、(1)車両系木材伐出機械、(2)機械集材装置や運材索道、(3)簡易架線集材装置、(4)特別教育の実施、それぞれに関する措置を義務付けています。
 上記(1)〜(3)については、平成26年6月1日施行、(4)については平成26年12月1日施行となっています。

●平成25年11月29日付け厚生労働省令第125号(同日付け官報 PDF:47KB)

●平成25年11月29付け厚生労働省告示第363号(同年月日付け官報 PDF:18KB)

●省令改正説明資料(PDF:408KB)

●車両系木材伐出機械の運転業務に労働安全衛生規則の一部改正により「特別教育」の対象となる省令改正のポイント(当協会作成リーフレット PDF:723KB)

▲ページのトップへ

【行政のうごき】
車両系木材伐出機械の労働災害防止のための措置を義務付ける省令案が労働政策審議会に諮問、答申される

 厚生労働省は、11月25日、「労働安全衛生規則の一部を改正する省令案要綱」を労働政策審議会(会長 樋口 美雄 慶應義塾大学商学部長)に諮問、これについて、26日、同審議会安全衛生分科会(分科会長 土橋 律 東京大学大学院工学系研究科教授)において審議された結果、同審議会から厚生労働大臣に対して、妥当との答申が行われました。
 厚生労働省では、この答申を踏まえて、11月中の公布、平成26年6月1日施行の予定で、省令の改正作業を進めるとしています(一部については平成26年12月1日施行予定)。
 詳細については、厚生労働省のホームページをご覧ください。

【省令案のポイント】

林業では、近年導入が進んできている車両系木材伐出機械(伐木等機械、走行集材機械、架線集材機械)による死亡災害を含む労働災害が発生してきていることから、そうした労働災害を防止するため、次の措置を義務付けることについて、労働安全衛生規則の改正を行うこととしたもの。

1 車両系木材伐出機械に関する措置
ヘッドガードなどの設置、作業計画の作成、危険箇所への立入禁止 など

2 機械集材装置や運材索道に関する措置
現行の労働安全衛生規則での措置のほか、新たに作業計画の作成 など

3 簡易架線集材装置に関する措置
作業計画の作成、空中での運搬の禁止 など

4 特別教育の実施
1.伐木等機械、2.走行集材機械、3.簡易架線集材装置・架線集材機械の運転の業務に従事する 労働者に対する安全のための特別の教育の実施

▲ページのトップへ

【行政のうごき】
すべての都道府県で地域別最低賃金が改定されました

 すべての都道府県の地域別最低賃金額が改定され、平成25年10月6日から11月6日までの間に順次効力が発生しました。
 最低賃金とは、最低賃金法に基づき国が賃金の最低額を定めるもので、使用者は、最低賃金額以上の賃金を労働者に支払わなければならないとされている制度です。
 仮に最低賃金額より低い賃金を労働者、使用者双方の合意の上で定めても、最低賃金法によって無効とされ、最低賃金額と同様の定めをしたこととなり、最低賃金額を支払わなくてはなりません。
 また、地域別最低賃金額以上の賃金額を支払わない場合には、罰則(50万円以下の罰金)が定められています。
 事業者の皆さんは、労働者の賃金額が決して地域別最低賃金額を下回ることのないよう、金額を確認してください。
 なお、派遣労働者については、派遣先の事業場に適用されている地域別最低賃金または特定(産業別)最低賃金が適用されることになりますのでご注意ください。

都道府県名 時間額
【円】
発効年月日 都道府県名 時間額
【円】
発効年月日
北海道 734 H25.10.18 滋 賀 730 H25.10.25
青 森 665 H25.10.24 京 都 773 H25.10.24
岩 手 665 H25.10.27 大 阪 819 H25.10.18
宮 城 696 H25.10.31 兵 庫 761 H25.10.19
秋 田 665 H25.10.26 奈 良 710 H25.10.20
山 形 665 H25.10.24 和歌山 701 H25.10.19
福 島 675 H25.10.6 鳥 取 664 H25.10.25
茨 城 713 H25.10.20 島 根 664 H25.11.6
栃 木 718 H25.10.19 岡 山 703 H25.10.30
群 馬 707 H25.10.13 広 島 733 H25.10.24
埼 玉 785 H25.10.20 山 口 701 H25.10.10
千 葉 777 H25.10.18 徳 島 666 H25.10.30
東 京 869 H25.10.19 香 川 686 H25.10.24
神奈川 868 H25.10.20 愛 媛 666 H25.10.31
新 潟 701 H25.10.26 高 知 664 H25.10.26
富 山 712 H25.10.6 福 岡 712 H25.10.18
石 川 704 H25.10.19 佐 賀 664 H25.10.26
福 井 701 H25.10.13 長 崎 664 H25.10.20
山 梨 706 H25.10.18 熊 本 664 H25.10.30
長 野 713 H25.10.19 大 分 664 H25.10.20
岐 阜 724 H25.10.19 宮 崎 664 H25.11.2
静 岡 749 H25.10.12 鹿児島 665 H25.10.27
愛 知 780 H25.10.26 沖 縄 664 H25.10.26
三 重 737 H25.10.19      

▲ページのトップへ