トピックス

2019.3.6
【行政通達】労働契約法の無期転換ルールの円滑な運用について
2019.3.6
【行政通達】平成31年「STOP!熱中症 クールワークキャンペーン」の実施について

【行政通達】
労働契約法の無期転換ルールの円滑な運用について

 平成30年4月以降、多くの有期契約労働者に無期転換申込権が発生しており、有期契約労働者を多く雇用する業界における無期転換ルールへの対応が注目を集めるなど、無期転換ルールの円滑な導入・運用に向けた社会的関心が高まりつつある状況にあります。

 これから年度末にかけて、契約更新の時期を迎える有期契約労働者が多くなりますが、契約期間が3月末である有期契約労働者が無期転換申込権を行使した場合、本年4月1日に無期労働契約に転換することとなりますので、人事制度の検討や就業規則などの関係諸規程の整備が未了の企業は、早急な対応が必要となります。

 また、無期転換ルールへの対応にあたりましては、例えば以下の事例のように、無期転換ルールの適用を意図的に避けることを目的として、無期転換申込権が発生する前に雇止め等を行うことは、労働契約法の趣旨に照らして望ましいものではなく、慎重な対応が必要です。

「有期契約労働者の無期転換ポータルサイト」(厚生労働省ホームページ)
平成31年2月22日「労働契約法の無期転換ルールの円滑な運用について」(PDF:48KB)

【行政通達】
平成31年「STOP!熱中症 クールワークキャンペーン」の実施について

 厚生労働省では、労働災害防止団体などとともに、職場における熱中症予防対策の徹底を図るため、平成31年4月を準備期間、5月から9月までを実施期間、7月を重点取組期間とする平成31年「STOP!熱中症 クールワークキャンペーン」を実施します。
 また、併せて「職場における熱中症による死傷災害の発生状況(平成31年1月15日速報値)」を公表しました。

平成31年2月26日付け基安発0226第2号「平成31年『STOP!熱中症 クールワークキャンペーン』の実施について」(PDF:28KB)
平成31年「STOP!熱中症 クールワークキャンペーン」実施要綱(PDF:200KB)
別紙(PDF:219KB)